【U―18W杯】広陵・中村が練習試合でマスク タイプ異なる4投手をリード

2017年08月27日 16時33分

中村奨成(左)と清宮幸太郎

「第28回WBSC U―18ベースボールワールドカップ」(9月1日開幕、カナダ)に出場する高校日本代表は27日、千葉県内のグラウンドで城西国際大と国内最後の練習試合を行い、2―5で敗れた。

 チーム全体で4安打、投手陣は5失点という結果に終わったが、小枝監督は「大学生に難しいボールを投げてもらって、対応を勉強させてもらった。守備、攻撃は形が見えてきたので、これから固めていきたい。もう少し時間がほしかったですが、ちょうど疲労も出てくるころ。向こうの気候に慣れて開幕を迎えたい」と前向きに語った。

 清宮幸太郎内野手(早実=3年)は4番ながら、初のDHで出場し、3打数無安打に終わった。清宮について指揮官は「彼とも話をしないといけない。守備を通してバッティングを生かすのか、守備を捨てて攻撃一辺倒にするのか、まずはコミュニケーションを取っていきたい」と話した。

 収穫もあった。前日(26日)からチームに合流した中村奨成捕手(広陵=3年)がこの日初めてマスクをかぶり、タイプの異なる4投手をリード。「いろいろなピッチャーを受けさせてもらって、明日からリードを勉強して(試合に)生かせれば。これだけのピッチャーの球を受けられるのはありがたい。自分の今後に生かしていきたい」と代表・正捕手へ手応えを語った。

 主将・清宮も「ここまできて、いいチームに仕上がってきている。打つべき人が打って返すのが日本の野球。(中村、安田と)3人でひとつのクリーンアップだと思ってやっていきたい」とやる気十分。チームは28日、いよいよ決戦の地・カナダへ出発する。