早実・清宮がU―18代表主将に 2年前の経験「伝えていきたい」

2017年08月23日 16時57分

主将に意欲を燃やす清宮

「第28回WBSC U―18ワールドカップ」(9月1日~、カナダ・サンダーベイ)に出場する野球の高校日本代表の主将に、早実・清宮幸太郎内野手(3年)が選出された。

 小枝守監督(66)は「選手からの信頼も厚く、本人も2年前の経験を伝えたがっている。選手の中では心強いんではないかということで(決めた)」と説明した。

 清宮は「2年前のこの大会のために(メンバーに)入れてさせてもらった。それを生かせる絶好の機会だと思う。しっかり伝えていきたい」と話した。

 参考にするのは自身が1年生の時に同大会で主将を務めた篠原涼内野手(筑波大2年)だといい「素晴らしい主将だったので、LINEで篠原さんに聞きながらキャプテンをやっていきたい」と意欲を燃やした。