巨人 3勝目ルーキー畠に由伸監督「次は完投も」

2017年08月21日 16時30分

力投する畠

 巨人が20日のDeNA戦(東京ドーム)に6―1で快勝し、3連勝で3位のDeNAとのゲーム差を2に縮めた。初回、坂本のタイムリーと阿部の犠飛、さらに村田の9号2ランで一挙4得点。先発のルーキー畠は8回1失点と好投して3勝目(1敗)を挙げた。

 菅野、マイコラス、田口の3本柱に次ぐ先発投手がなかなか育たない中、芽吹きつつある新人右腕に由伸監督は「少しずつといいますか…。なんとか次に向けて一試合投げ切れるピッチャーに少しずつなってほしい。(完投も)考えてはいたが、今日はここまでかなと。もう少し長いもの(完投)は次以降に期待したい」と語った。

 これで借金は1になり、久々の勝率5割も目前になった。「なんとかこの(カード)3つを、というのはありましたし、やっと少し追いつけそうなところまできた。来週以降、早く近づけるようにしたい。とにかく勝って上に追いつきたい」と指揮官。Aクラスへ最後の正念場だ。