マエケン5敗 5回まで完全…6回暗転降板

2017年08月21日 11時30分

降板後、タオルで汗を拭う前田(ロイター=USA TODAY Sports)

【ミシガン州デトロイト20日(日本時間21日)発】ドジャースの前田健太投手(29)が敵地でのタイガース戦に先発し、6回を1本塁打を含む5安打4失点で5敗目(11勝)を喫した。自身の連勝は5で止まり、チームの連勝も6でストップした。

 1―2の6回二死二塁で真ん中に甘く入ったスライダーを3番アップトンが振り抜いた瞬間、マウンドの前田は両ヒザに手を置いて、うなだれた。打球はそのまま左翼席に突き刺さった。

 5回までは白熱の投手戦だった。前田が走者を一人も許さないパーフェクト投球なら、相手先発バーランダーも1四球のみのノーヒッター。6回二死、メッツからドジャースに移籍して2試合目のグランダーソンがポール直撃の先制アーチ。前田を後押しするかに思えた。

 しかし、6回に暗転した。先頭ヒックスに初球のカーブを中前にはじき返されて初安打を許すと、8番ロマインに1ストライクから2球目のツーシームを中堅横へ二塁打にされて無死二、三塁。9番マチャドにはボールカウント3―1からスライダーを捉えられて三塁線を破られる二塁打で、1―2と逆転を許した。そして二死を取った後、アップトンに2ランを浴びた。

 前田は「6回は、もったいなかった。簡単に終わらないといけない回だった。5回まで本当に良かったが、4失点という結果は変わらない。最後のホームランも余計だった」と振り返った。

 この日の前田は打者15人までは完璧。150キロ前後のフォーシームで押し、カットボール、スライダー、カーブを低めに集めた。フォーシームのMAXは151キロだったが、タイガース打線は球速以上の球威を感じただろう。振り遅れのスイングが目立ち、外野への飛球はいずれも詰まった当たりだった。

 それだけに6回が悔やまれる。登板前まで先発した6試合では負けなしの5連勝だったが、全て90球前後で代えられており、7回まで投げたのは1試合だけ。白星を重ねているものの、不完全燃焼だ。より長いイニングを投げるためには、球数は増やせない。ストライク先行でコントロールが少し甘くなったところを狙われた。

 プレーオフに向けて厳しい先発ローテーション争いが続くドジャース。前田は苦しい状況だ。