巨人・老川オーナーが山口俊に「借りは来季返してもらう」

2017年08月19日 14時00分

会見で騒動を謝罪した山口

 巨人・老川祥一オーナー(75)が18日、東京ドームで取材に応じ、傷害と器物損壊の疑いで書類送検された山口俊投手(30)に下した処分について「厳しすぎるという人もいるかもしれないし、甘すぎるという人もおられるかもしれないが、だいたい穏当なところかなと私は思っている」と述べた。経緯に関しては「もっと厳しい処分という考え方もあって、いろんな角度から検討した。(処分決定は)最終的には昨日」だったという。

 渦中の右腕に向けては「プライベートな時間帯でも一歩間違うと一生を棒に振る。そういう体験を踏まえて、今後身を慎んでやってもらうということ」と猛省を促したうえで「来季は投手として活躍してもらわないといけない。球団全体にも戦力面で今シーズン、大変なダメージになっているわけだから、その借りは返してもらわないとこっちも困る」と再起へ期待を寄せた。