リトルリーグ・Wシリーズ開幕 日本代表・北砂初戦は日本時間19日

2017年08月18日 12時00分

リトルリーグ・Wシリーズの開会式で入場行進する日本代表の東京北砂ナイン

【ペンシルベニア州ウィリアムズポート発】第71回リトルリーグワールドシリーズが17日(同18日)、開幕した。参加する米国からの8代表と、カナダ、メキシコ、日本、カリビアンなどからの8代表の計16チームは同日午前11時(同18日午前0時)過ぎからボランティア・スタジアムで行われた開会式に参加し、元気に入場行進した。メジャー通算504本塁打、3255安を放ったエディ・マレー氏(61)が始球式を務めた。

 世界一に輝いた2015年以来、6度目のワールドシリーズ出場を果たした日本代表・東京北砂リトルリーグの初戦は大会2日目の18日(同19日)で、相手はオーストラリア代表シドニーのヒルズ・リトルリーグだ。先発投手は147センチ、44キロのエース・冨井翼(12)に決定。日高監督は「子供たちに用意された舞台ですから元気良く、堂々とやってほしい。三振しても元気に戻ってきてほしい」と話した。