ロッテ・スタンリッジ 降板直後にベンチから暴言吐き退場処分

2017年08月16日 20時43分

 ロッテのジェイソン・スタンリッジ投手(38)が16日、日本ハム戦(札幌ドーム)に先発し、ベンチから暴言を吐き退場処分を受けた。

 自身が降板した直後の6回一死一、二塁。リリーフした2番手・チェンが大谷の4球目、内角の直球をボールと判定されたことに、ベンチで両手を広げ「直前の球とどこが違うんだ!」と猛アピール。

 これを侮辱行為と捉えた有隅球審が「スタンリッジ選手がダッグアウトから暴言を吐きましたので退場としました」と場内に説明。同投手は納得いかないといった表情でベンチ裏へ下がった。