巨人・山口俊 病院側の被害届受理され警察が捜査中

2017年07月19日 00時00分

山口俊

 巨人・山口俊(30)が都内の病院で暴れた一件の詳細が分かった。警視庁目黒警察署・上原副署長が明かしたもので、すでに病院サイドから器物損壊と傷害の被害届を受理し現在、捜査中だという。

 目黒署に110番通報があったのは11日未明のこと。すぐに署員が現場に駆けつけたが「被疑者は立ち去ったあとだった」(上原副署長)。そのため身柄拘束などはできなかったという。

 しかし、防犯カメラに当時の状況が映っており、警備員に対しては「胸で当たったような感じ。被害届によると、けがの程度は全治2週間ということだった」(同)といい、壊された病院の扉は「木製の扉で蹴飛ばされた部分がへこんでいる。ガラスが割れて散乱という状況ではなかった」(同)そうだ。

 だが、18日午後6時の時点で、目黒署には山口俊からも球団からも何の連絡もないため「被疑者不詳で捜査中というのが現状。いずれ、こちらに何かあるのかもしれないが、いきなりネットのニュースで球団が発表したことを知り、困惑している」(同)と、警察よりも球団発表が先という妙な事態になっているという。示談となり被害届が取り下げられれば、不起訴処分になるケースは多いが…。果たしてどうなるか。