阪神ドラ2小野 7度目先発も白星つかめず5連敗

2017年07月08日 07時47分

小野は5連敗

 阪神のドラフト2位ルーキー・小野泰己投手が7日の巨人戦(甲子園)に先発し、6回3失点で5敗目。自身7度目の先発で5連敗と、またしても初勝利を逃した。

 

 初回に2点を失った右腕は「ボールが高くなり、課題にしていた立ち上がりに失点を許してしまった。チームにいい流れを呼ぶような投球ができず申し訳ない」と反省。直近2試合も好投しながら打線の援護に恵まれず、勝ち運に見放されたまま。新人デビューからの5連敗は、球団では1988年野田浩司以来。次回こそ“8度目の正直”を目指す。

関連タグ: