西武の森慎二投手コーチが多臓器不全のため急死 42歳

2017年06月28日 23時10分

森慎二投手コーチ

 西武の森慎二投手コーチが多臓器不全のため死去した。42歳だった。27日に病気療養のため当面、休養すると球団が発表したばかりだった。

 

 森コーチは1974年9月12日生まれ。山口・岩国出身。岩国工から新日鉄光、新日鉄君津を経て1996年のドラフト会議で2位指名を受けて西武入り。主に救援投手として活躍し、9年間で44勝44敗50セーブ。

 

 2005年オフにポスティングシステムを使って米大リーグ・デビルレイズに移籍したが、右肩痛などでメジャー登板のないまま07年に退団した。

 

 その後は国内独立リーグなどを経て、15年から西武の二軍投手コーチに。16年から一軍投手コーチ。