菅野にライバル心ムキ出しの東浜

2013年01月07日 16時00分

 ソフトバンクのドラフト1位・東浜巨投手(22=亜大)が6日、東京・日の出町の亜大グラウンドで自主トレを公開した。黄金ルーキーのモチベーションの源は、アマ時代にしのぎを削った同世代の選手たち。中でも巨人のドラフト1位・菅野には強烈なライバル意識を燃やしている。

 

 約1時間半の練習を終えた東浜は、沖縄へ帰省中に巨人・宮国、日本ハム・運天、中大・島袋、沖縄電力・伊波という沖縄を代表する若手が揃った食事会に参加し「いい刺激を受けた」という。初対面の宮国は昨季一軍で6勝。「年下ですが、プロでは向こうが先輩。自分も一軍に残らないといけないという思いを強くしました」という。

 

 さらに、この日は偶然にも「ずっと目標にしていた」という菅野の自主トレ公開日と重なった。大学ジャパンなどで顔を合わせた際には、スライダーの握りを教わったこともあるそうで「菅野さんは能力もズバぬけているし、しっかりした理論を持っている」と尊敬の念を抱いていた。

 

 だが東浜にもプライドがある。「年齢は菅野さんが1つ上ですが、プロは同期入団。やるからには負けたくないという気持ちはあります」とライバル意識むき出しだ。

 

 大学時代は菅野との対戦は一度もないため「ぜひ投げ合ってみたい」と熱望する。“初対決”は、巨人・原監督が3月2日のソフトバンクとのオープン戦(東京ドーム)に菅野を先発させることを示唆しており、ここが有力。東浜も「モチベーションを高める材料にはなりますね」という。

 

 現在は関係者へのあいさつ回りなどで忙しい日々を送っているが、9日にはいよいよ入寮。鷹の黄金ルーキーは「一日でも早く福岡へ行きたい」と野球漬けの日々を心待ちにしている。