松井の「ゴジラ」カメオ出演が米で話題

2013年01月06日 11時47分

【ボストン発】米国でもゴジラ人気は変わらず――。昨年末に現役引退を表明した松井秀喜氏(38)が2002年12月に日本国内で公開された映画「ゴジラ×メカゴジラ」にカメオ出演していたことが、全米で話題になっている。


 米ヤフースポーツは4日(日本時間5日)、「松井秀喜、ゴジラ映画にカメオ出演していた」という見出しのコラムを掲載。動画サイトを通じて松井の出演シーンを見ることができるとし、「松井がゴジラと呼ばれたのは、デカくて強いホームラン打者だったからである」と説明している。


 最後に「次に日本からやってくる素晴らしい野球選手が、やはりB級映画にまつわるニックネームから、空を飛び、口から火を噴く亀として知られる『ガメラ』であってほしいものだ」と“ジョーク”で締めくくった。