首位陥落の阪神・金本監督「そんなにチャンスはない」と若手にゲキ

2017年05月28日 20時35分

金本監督

 阪神は28日、DeNA戦(甲子園)に2―6で完敗し、2位に転落した。

 交流戦前、最後の一戦で主将・福留に休養を与え3番・高山、4番・中谷、5番・原口と中軸を若手中心にする大胆なオーダーを組んだが、10残塁と不発。金本監督は「チャンスでどうやって打つかだけど…。クリーンアップが打たないと」と肩を落とした。

 糸井らベテランの奮闘で首位をキープしてきたが、3カード連続の負け越しで陥落。指揮官は「そんなに(出場の)チャンスはない。だんだん少なくなってくる。それを肝に銘じてやらないといけない」とアピール不足の若手にゲキを飛ばした。