【センバツ】早実・清宮1安打も明徳義塾に延長10回逆転勝ち

2017年03月24日 13時59分

初回、中前打を放った清宮

 第5日第2試合で早実(東京)と明徳義塾(高知)が激突。早実が5―4で延長戦を制し、初戦突破となった。

 

 注目の早実の怪物・清宮幸太郎内野手(3年)は第1打席でいきなりの中前打を放った。一死一塁で打席に入り、明徳義塾の先発・北本の初球のストレートを鮮やかにはじき返した。

 

 試合前は「甲子園に来ただけじゃつまらない。チーム打撃をしてその中で1本出ればいい。今はちょっと興奮気味です」と腕をぶしていた清宮。1年半ぶりの聖地ですぐに快音を響かせるあたりは、さすがの怪物だ。

 

 試合は初回に明徳義塾に3点を先制されて追いかける展開。2回に野田の適時打、7回にも野田の適時三塁打で1点差に迫った。さらに9回に2点を挙げ、同点に追いつくと延長10回二死三塁で野田が中前適時打で勝ち越しに成功。その裏、石井が抑え、早実が明徳義塾を破った。

 

 清宮の第2打席は中飛、第3打席は捕邪飛、第4打席は左飛、第5打席は四球だった。