日本ハム・大谷“驚異の長打率9割5分2厘”オープン戦トップタイ4号

2017年03月23日 20時19分

左中間席にライナーで叩き込んだ大谷

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が23日の巨人とのオープン戦(東京ドーム)でDeNA・白崎、ロッテ・ダフィーに並ぶオープン戦トップタイの4号本塁打を放った。

 この日「3番・DH」で出場した大谷は5回の第3打席で巨人先発・大竹の122キロのスライダーを逆方向へ強振。打球は鋭いライナーで左中間席へ突き刺さった。

 大谷は「打ったのはスライダーです。少し甘く入ってきましたね。真ん中でしたけど、しっかり自分のスイングができたと思います」とコメント。ここまでオープン戦7試合21打数で打った7安打のうち4本が本塁打、2二塁打と驚異の長打率9割5分2厘を見せつけている。