巨人・澤村 体調不良で開幕アウトか「見切り発車はできない」と村田ヘッド

2017年03月18日 19時13分

試合前の練習を行う澤村(手前)

 巨人は18日のロッテ戦(ZOZOマリンスタジアム)に1―9と大敗。先発・内海哲也(34)が5回9安打5失点と不安を残し「今日はバランスもあまり良くなかった」と反省した。

 

 由伸監督も「出だしのリズムが悪く、コントロールがイマイチ」と評したが、舌鋒がやや鋭くなったのは、この日登板予定ながら、試合中にコンディション不良で球場を後にした澤村拓一投手(28)について質問が向けられた時だった。「コンディションもあまり良くないので、投げてもしょうがないので帰しました。(開幕までの調整時間はオープン戦で)投げてないんで、ないんじゃないですか」

 

 澤村は4日の日本ハム戦(札幌ドーム)で登板し、初球で危険球退場。それ以来、実戦登板がない。キャンプ終盤から抱えていた右肩の不安を万全にするため入念な調整を行っていたが、大きくつまずいた格好だ。

 

 村田ヘッドが「いま体調悪いって言うんだから投げられん。4~5日は様子見ちゃうか。オープン戦で(登板)1試合だけで、開幕に投げさせるわけにもいかんやろうし。見切り発車はできない」と言えば、尾花投手コーチも「下でコンディションを整えてもらうしかない。これだけ時間がかかっているからね。今までと同じということ。急に良くなるとも思えない」と顔をしかめた。

 

 新助っ人カミネロ、この日から合流したマシソンとの守護神争いから大きく後退しただけでなく、開幕一軍にも黄ランプが点灯。昨季セーブ王が厳しい現実に直面した。