マニー・ラミレス 日本食に大興奮「ウドン! ウドン! アイ・ラブ・ウドン!」

2017年03月11日 16時44分

うどんを食べながら試合を観戦したマニー・ラミレス

 独立リーグ「四国アイランドリーグplus」の高知ファイティングドッグスに入団したマニー・ラミレス外野手(44)が、日本食にテンションが上がりっ放しだ。

 11日、高知市野球場で行われた高知大とのプロアマ交流トーナメント戦には出場しなかったが、試合前の練習には参加。ウオーミングアップ、キャッチボールなど、ほかの選手と同じメニューをこなした。

 親日家として知られており、大リーグ時代も毎日のように日本食を食べていたという。この日も昼食時に球場内で売店を見つけると「ウドン! ウドン! アイ・ラブ・ウドン! スープ、グッド!」とハイテンションに。食堂のおばちゃんたちとの記念撮影にも気さくに応じるなどした後、豪快に麺をすすった。さらにおにぎりや鶏肉の鉄板焼きなどにも舌鼓を打った。

 北古味球団副社長は「おにぎりの具はツナマヨが一番のお気に入りで、すしのマグロも大好きなんですよ」。日本食パワーを得たラミレスが実戦で大暴れする日は近そうだ。