オープン戦初登板へ上原ブルペンで27球

2017年03月04日 12時00分

【米国アリゾナ州メサ発】カブスの上原浩治投手(41)は3日(日本時間4日)、ウオーミングアップ、キャッチボールを行ったあとブルペンに入り、計27球を投げた。3日前にブルペンで57球を投げており、数日後にオープン戦初登板を控えている上原は「打者がどう反応するのかを見て、まあ何試合投げるか分からないですけど、最初の方はそんなに気にすることなく、後半で気にすればいい。シーズンに入ってからが勝負なので」と例年通りの考えで実戦に臨む。マドン監督は上原について「日曜に投げる予定」と話しており、5日(同6日)のレンジャーズ戦で登板することになりそうだ。