日本ハム大田 移籍“初安打”は二塁打

2017年02月09日 11時30分

 日本ハムの大田泰示外野手(26)が移籍後初実戦の韓国・KTとの練習試合に3番・中堅で先発出場し、3打数2安打2打点だった。初回一死一塁右腕の変化球に三ゴロ併殺打に倒れたが、3回二死無走者の2打席目は左腕から左翼線へライナーで二塁打。移籍“初安打”をマークした。5回一死一、三塁ではカウント1―2からの6球目、左腕の甘いストレートを捉え、左中間をライナーで破る2点適時二塁打を放った。大田は「自分のやりたいこと、自分のスイングができた。(3打席目は)追い込まれたがしっかり粘って甘いボールを捉えることができた」と胸を張った。