トランプ大統領令がダルビッシュ父に影響か

2017年01月31日 11時30分

ダルビッシュの父・ファルサさん

 ドナルド・トランプ米大統領(70)がスーダンなどイスラム圏7か国からの入国禁止を決めた大統領令が、スポーツ界にも波紋を広げている。

 ダラス・モーニングニューズ紙(電子版)は、レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)の父・ファルサさんについて「ダルビッシュ有の父がこの春、息子の投球を見ることができない可能性がある」と報じた。イラン出身のファルサさんは入国禁止の対象になる。ダルビッシュは同紙に「コメントするものはない」としている。28日(同29日)付だが、30日(同31日)もトップ扱い。ファンの関心は高いようだ。

 日本とイランの国籍を有していたダルビッシュは、2008年の北京五輪に出場するため、07年10月に日本国籍を選択した。今回の大統領令は影響しないと思われるが、レンジャーズは5月26~28日にカナダ・トロント遠征が組まれていることもあり、球団は確認する意向だという。