阪神ドラ1・大山 キャンプで日記「必要なときは絵も」

2017年01月29日 11時00分

 阪神のドラフト1位・大山悠輔内野手(22=白鴎大)が28日、大阪・伊丹空港から合同自主トレ先の沖縄に出発した。

 2月1日から始まる一軍春季キャンプを前に「やるしかない。厳しいと思うけど、ついていけるように気持ちだけは折れないようにしたい」と意気込んだ。

 キャンプでは練習日記をつけるつもりだ。「見たこと、感じたこと、周りの選手を見て学ぶところもあると思うので、大事だと思うところをノートに書いていきたい。絵が必要なときは、下手くそだけど絵も書くつもり」

 昼はグラウンドを駆け回り、夜は宿舎でバットをペンに持ち替えて競争を勝ち抜くつもりだ。

関連タグ: