【センバツ】部員10人の不来方が初出場 選考委員「没収試合も覚悟」

2017年01月27日 19時31分

 第89回選抜高等学校野球大会の出場32校を決める選考委員会が27日、大阪市内で開かれ、部員10人と少人数ながら岩手大会準優勝の不来方(こずかた=岩手)が「21世紀枠」で選ばれ、初の甲子園出場を決めた。

 選考委員は「『ケガ人が出たらどうするんだ』という意見も出た。(10人で)大会に出るリスクもあるが、全国的に部員数が減っている中で『少人数でも甲子園に出られるんだ』という夢を与える意味でも選出した。没収試合も覚悟の上」と選出理由を強調した。

 過去に1987年選抜大会に大成(和歌山=現海南高校大成校舎)が甲子園史上最少10人で出場した事例があり、不来方も“十勇士”として89回大会を大いに盛り上げそうだ。