東大・宮台 2017年の決意

2017年01月15日 11時00分

東大の柱目左腕・宮台

 2017年ドラフトの上位候補として注目されるのが「東大史上最強左腕」の呼び声高い宮台康平投手(3年)だ。昨年春のリーグ戦では2勝を挙げ、防御率はリーグ4位の2・05と他の強豪私学のエースにも引けを取らない。東大ということもあり、これまで援護に恵まれなかった“孤高のエース”だが、そんな宮台がドラフトイヤーを見据えて意識改革。悲願の「勝ち点」(2戦先勝で勝ち点1)をスローガンに掲げ、成長を誓った。

 

 宮台の性格について周囲は「マイペース」「頑固」と口を揃える。昨年春の沖縄キャンプではケガの治療を理由に参加を拒否。一時は浜田監督とももめたが、自分の意志を貫き通した経緯があった。それが今は違う。左肩痛は抱えているが、今春キャンプには先に大分・別府の温泉で湯治を行った後に合流予定。1日30球と決め、大学日本代表の合宿でも変えなかった投げ込み数も増やし、また、中1日での連投を視野に入れて負担の少ないフォーム改造に励むつもりだ。

 

 さらに自身のことだけではなく「(前捕手の)喜入さんはマウンドにいる上で本当に頼りになった。まだ決まってないですけど、新しいキャッチャーは喜入さんに比べたら劣る部分はある。そのぶん投手陣が引っ張る必要もありますし、そのために沖縄キャンプがある。コミュニケーションも密になるし、変化球とか、いろいろなことを試したい」と最上級生の自覚も芽生えた。

 

 宮台は昨年末、これまで沈黙を守ってきた進路について「プロ挑戦」を明言したが、これも「ラストシーズンに向けて自分で自分を追い詰めて、逃げ道をなくすため。当然責任や重圧はありますし、本当は言いたくなかったんですが、自分で言ったからには実現しないといけないので」と強い決意があったからだ。

 

 東大からプロ入りとなれば04年のドラフト会議で横浜から9位指名された松家卓弘以来13年ぶり、史上6人目の快挙。宮台が赤門の歴史に名を刻めるか。