ロッテのドラ1・佐々木 新人合同自主トレ参加「いい緊張感でできた」

2017年01月10日 14時26分

 ロッテのドラフト1位・佐々木千隼投手(22=桜美林大)ら新人9人(育成選手2人を含む)が10日、ZOZOマリンスタジアムで行われた新人合同自主トレに参加した。

 伊東勤監督(54)を始めとする首脳陣が見守る中、ランニング、キャッチボール、ノックなどを行った。スタジアムの階段を使ったランニングで最後尾だった佐々木は「いい緊張感でできたと思う。階段はきつかったです」と汗を拭った。

 伊東監督は「まずはプロの水に慣れること。あとはケガをしないこと。ケガをすると(キャンプの)スタートラインに立てないので、それだけでマイナスですから」と厳しい口調だった。

関連タグ: