DeNAドラ6・尾仲 山登り走も制し2冠!

2017年01月10日 12時23分

山登り走でもトップだったドラ6の尾仲

 DeNAの新人合同自主トレ2日目の10日、恒例の“山登りトレ”が行われドラフト6位の尾仲祐裕哉投手(広経大)が初日の3000メートル持久走に続き“2冠”を達成した。

 

 球場から約2・2キロ離れた場所にある塚山公園の展望台(高さ133メートル)まで走った。トップは前日の3000メートル走に続き尾仲が10分23秒でゴール。「走るだけじゃなく野球面もアピールしたい」と尾仲は謙虚だった。ドラフト1位の浜口遥大投手(神奈川大)は2位。「めっちゃきつかったです」と振り返った。

 

関連タグ: