大スポに新年あいさつの阪神・四藤球団社長「V狙える戦力」

2017年01月07日 11時30分

本紙関西支社を訪れた阪神・四藤慶一郎社長

 阪神の四藤球団社長、高野球団本部長らが6日、新年のあいさつのため大阪・堺市の東京スポーツ新聞社関西支社(大阪スポーツ)を訪れた。吉武編集部長、長谷川制作部長らが応対し、四藤社長は「若い選手もある程度使えそうな選手が出てきた。糸井選手が入って戦力的には優勝が狙えるレベルになってきたと思う」と手応え十分。超変革2年目に突入することで「最低がAクラス。CSに出て日本シリーズを狙えることが最低線と思っている。たくさん試合をやることが最大のファンサービスと思う」と結果を残すシーズンにする覚悟を示した。