若虎ウエートレ重量アップ 課題クリアできなければ金本監督からペナルティー

2016年12月20日 20時47分

 阪神の若手選手を中心とした「強化指定組」の年内練習が20日、打ち上げられた。

 秋季キャンプ終了後もみっちり鍛えられている若虎。今オフは金本監督の肝いりで、基礎体力向上を目的にウエートの重量アップが個別に課されている。高山俊外野手(23)は「(秋季)キャンプの時よりも重量は上がっている。オフもウエートに力を入れてやっていきたい」と帰省先などでの自主トレに意欲を見せた。

 来春キャンプ初日には測定が行われ、課題をクリアできていない選手には、金本監督からペナルティーが科される。強化指定練習の再開は来月8日。しばしの休息期間となるが、手を抜けばこれまでの努力が水の泡となるだけに、若虎に気の休まる時間はなさそうだ。