阪神が150キロ超右腕メンデスと正式契約 かねて日本の野球に興味

2016年11月27日 20時36分

ロマン・メンデス(阪神提供)

 阪神は27日、契約に合意していた前レッドソックス傘下3Aのロマン・メンデス投手(26)と正式契約したことを発表した。単年契約で年俸は7500万円。背番号は後日発表する。

 

 ドミニカ共和国出身で守護神候補の右腕は「契約が決まって本当にうれしい。日本の野球に興味があり、これまで(レンジャーズ在籍時に)ダルビッシュ投手や藤川投手と話をしてきた。ダルビッシュ投手には、2014年に日本に行きたいと言った時に、日本の野球はメジャーと同じくらいレベルが高いが、そうなったら日本でキャリアを終えるぐらい頑張れと言われた。2年たって、今、それが実現できた。ストレートで打者を攻めていくのが私のスタイル。チームの勝利、優勝に貢献できるよう頑張ります」と球団を通じてコメントした。

 

 メンデスは191センチ、107キロの巨体から投げ込む150キロを超える直球が武器。メジャーでは全て救援で通算45試合に登板して0勝2敗、防御率3・09。

 

(金額は推定)