阪神・西岡 糸井と連絡取り自ら背番号7譲渡を申し出る

2016年11月22日 20時16分

阪神の球団納会に出席した西岡剛内野手

 阪神・西岡剛内野手(32)の背番号が22日、「7]から「5」に変更された。

 

 球団発表より先に自身のフェイスブックで明かした西岡は「7番にはすごく思いいれがある番号ですが5番を着けても似合う選手になれるように努力します」(原文ママ)とファンに報告。

 

 その後、球団納会に出席し、今回の経緯について「糸井さんがFA宣言して、球団が話(交渉)に行ったというのはマスコミ報道で知っていた。糸井さんとは仲良くしていたので、連絡を取って『7番を希望するのであれば(そのユニホームを)気持ちよく着てください』と言った」と説明した。

 

 西岡は今年7月に左足アキレス腱を断裂して戦線離脱。現在はキャッチボールや軽いジョギングを再開して復活を目指している。愛着ある7番を譲ったのも、全てはV奪回に燃えるチームのためだ。