巨人ドラ7“台湾の大巨人”廖任磊 過去にプロレス界からスカウトも

2016年11月20日 16時33分

OB戦前のセレモニーで由伸監督(右)からユニホームを着せてもらったリャオ

 巨人にドラフト7位指名された“台湾の大巨人”こと廖任磊投手(リャオ・レンレイ=23)が20日、台湾・台中インターコンチネンタル球場で行われた台湾OB選抜―巨人OB選抜戦に来場。試合前のセレモニーで、高橋由伸監督(41)から背番号97のユニホームを手渡され、地元ファンの大歓声を浴びた。

 廖と由伸監督は今回が初対面。「テレビでずっと見ていた。打撃がすごい人。(あいさつした際は)緊張しました」と語った廖について、指揮官は「やっぱりでかいねー」と驚いた表情。身長201センチは、巨人ではジャイアント馬場さんの200㌢(入団時)を超えて史上最長身だ。この日は「(日本での)高校時代にプロレスラーにならないかとスカウトされたことがあるんです」と仰天エピソードを披露した。

 野球の枠を飛び越えている規格外の右腕は、間もなく来日。23日のファンフェスタでその姿をお披露目する予定だ。