楽天入り 岸の仙台愛に地元の反応は?

2016年11月19日 16時30分

 西武からFA宣言した岸孝之投手(31)が18日、楽天と契約し、コボスタ宮城で入団記者会見に臨んだ。4年契約で年棒2億2500万円、背番号は11に決まった。

 

「ずっと長い間悩んできて、悩んで悩んで今この日が迎えられたことをホッとしている」と心境を語った岸。会見に同席した星野仙一球団副会長(69)から「迷ったら前に進め」という熱いアプローチを受け、決断に至った経緯を明かした。楽天の印象については「たくさんいい選手がいる。嶋、則本もそうだけど(松井)稼頭央さんと一緒にプレーできることが大きい」と話した。

 

 移籍先の決め手について、仙台市出身の岸は「野球を始めた仙台でプロに入るまでたくさんの人にお世話になったし、支えられてここまで来れた。そういう人たちに成長した姿を見せて、地元に恩返しがしたいと思った」。ところが会見中、震災の話に質問が飛ぶと「そのころはまだ…。FA権も取ってませんでしたし」と言葉を濁し「楽天さんがいろいろやっていたので、できないというのはあった。できること、やれることはやりたい。でもそれよりも先に野球のほうで元気にできるように…」と歯切れ悪く答えた。

 

 実は岸については、地元で冷ややかな声が上がっているのも事実。仙台のアマ野球関係者は「震災当時から、岸くんは試合以外で被災地に来たことがない。オフの野球教室にも顔を見せませんでした。それがこのタイミングになって急に地元愛と言われてもねえ…」という。

 

「常にキャリアハイを目指して、15勝はしたい。日本一を奪還しないと地元に帰ってきた意味がない」と意気込みを語った岸。今後の活躍で、地元ファンの信頼を取り戻せるか。(金額は推定)