OB戦出場の由伸監督がフリー打撃で快音連発

2016年11月19日 16時30分

練習前にフリー打撃を行った由伸監督

 巨人・高橋由伸監督(41)がキャンプ最終日の18日、現役引退後初めてフリー打撃を解禁した。指揮官は20日の「台湾OB選抜vs巨人OB選抜チャリティー試合」(台湾・台中)に“チーム最年少”として出場する。この日は選手たちが到着する前の木の花ドームで、快音を響かせながら2カゴ分のボールをはじき返した。報道陣から「力強いスイングだった」と水を向けられると「どうかな」と首をひねったが、キャンプ中も選手の練習時間の合間を見つけては汗を流してきた。久々の打席へ、できる限りの準備はできたようだ。