阪神ゴメス戦力外で金本監督「福留の一塁も頭に入っている」

2016年11月15日 20時00分

 阪神は15日、マウロ・ゴメス内野手(32)と来季契約を結ばないと発表。これを受けて金本知憲監督(48)は「一塁競争」の激化を訴えた。

 

「(一塁は)もちろん、競争になってくる。(新しい)外国人もフロントがやっているし、いい外国人を獲ってくれればいいが、どうなるか。福留の一塁も頭に入っている。原口の打撃も捨て難い」

 

 FA宣言したオリックス・糸井の獲得も見据え、来季40歳になる名外野手・福留の一塁コンバート案が浮上。加えて育成枠出身の原口捕手も今季は一塁を経験しており、本格参戦することは必至。指揮官にとっては望むところのポジション争いとなりそうだ。