阪神がゴメスを解雇 球団本部長「成績的な部分で物足りなかった」

2016年11月15日 17時16分

マウロ・ゴメス内野手

 阪神は15日、マウロ・ゴメス内野手(32)ら4人の外国人選手と来季契約を結ばないことを発表した。

 

 去就が注目されていた主砲の退団について、高野球団本部長は「3年間よくやってもらったが、3年目の一塁手の外国人として大いに期待していたが、期待したほどではなかった。3年目、来季4年目というふうに年々見ていく中で、総合的にいろいろあるが、成績的な部分で物足りなかった」と理由を説明した。

 

 ゴメスは、来日1年目の2014年、109打点をマークして打点王に輝く活躍を見せたが、2年目から成績は下降ぎみ。今季は22本塁打、79打点でチーム2冠の数字を残しながら、打率は自己ワーストの2割5分5厘と低迷。チャンスでの勝負弱さを露呈する場面が目立ち、スタメン落ちや6番降格など首脳陣の信頼を失っていた。

 

 また、球団はこの日、マット・ヘイグ内野手(31)、ネルソン・ペレス外野手(28)、コーディ・サターホワイト投手(29)の退団も発表。外国人野手3人の退団で、今後は打線を強化する新外国人選手の獲得に本腰を入れることになるが、高野本部長は「今後、慎重に調査を進めていきたい」と話すにとどめた。