阪神OB下柳剛氏“飛び入り”で若手投手を指導

2016年11月14日 22時03分

 阪神OBの下柳剛氏(48)が14日、安芸秋季キャンプを訪れ“飛び入り指導”を行った。

 

 ブルペンで若手投手の投球を見守った下柳氏は、それぞれに技術的なアドバイスを送った。金本監督期待の4年目右腕・金田は効果的なシュートの使い方を教わり「『もう少しインコースを攻められれば投球の幅が広がる』と助言をいただいた。大変参考になりました」と感謝した。

 

 今年2月の春季キャンプでも臨時投手コーチを務め「また機会があれば」と話していたが、有言実行の臨時指導となった。