阪神・原口が韓国LG戦で豪快弾 金本監督「将来的には4番も十分ある」

2016年11月13日 19時46分

 阪神は13日、安芸秋季キャンプで韓国LGと練習試合を行い、147と圧勝した。

 金本知憲監督(48)を喜ばせたのは今季、台頭した育成枠出身の原口文仁捕手(24)で、左本塁打を含む3打数3安打3打点と大活躍。「打撃の力は(他の若手と)違うわ。対応力がある。しぶといし、本当にセンター方向に打てれば将来的には4番も十分ある」と高評価した。

 来季は捕手か一塁で起用されることになる原口は「全部でアピールしていかないといけない」と打っても危機感いっぱいだった。