オリックス・糸井が黒髪でFA宣言「自分が成長できる環境で」 

2016年11月07日 14時47分

囲み取材に応じる糸井

 国内FA権の行使を表明していたオリックスの糸井嘉男外野手(35)が7日、京セラドーム内の球団事務所を訪れ、宣言書類を提出した。トレードマークの金髪を黒髪に変え、スーツ姿で現れた糸井は神妙な面持ち。長村球団本部長と会談後、報道陣の前で複雑な胸中を口にした。

 

「(背番号と同じ)7日なんで今日にしました。野手を10年やってFAを取れるようにまでなって、手を挙げてくれる球団もあるかもしれないということで、そういう話を聞いてみたいと思った。FAするってことは出る可能性もある。一日一日、気持ちが朝起きたら変わったりして結構悩みました。これからも悩むと思う」

 

 オリックスの4年16億円以上とみられる条件提示には「余るくらいの評価をしてもらっている。トレードでオリックスさんに来させてもらって4年たちますけど、思い入れもある」と感謝しながらも「まだ野手をやって10年。まだまだ伸びしろもあると自分で思っている。自分が成長できる環境。もっと成長できると思ったところで。阪神の獲得報道? そうやって言ってくださるのはすごくうれしいことだと思います」と話した。

 

「今はどうかわからないけど、早い段階で決めないといけないと思う。できるだけ早く。球団の編成にも迷惑をかける」。交渉解禁日は11日。他球団のアクセスを待つ。