阪神・金本監督が江越に“熱血”打撃指導

2016年11月03日 20時18分

江越を指導する金本監督

 阪神の金本知憲監督(48)が高知秋季キャンプ第2クール初日の3日、江越大賀外野手(23)に密着打撃指導を行った。指揮官は「技術的なこと。しっかり両足、前足を使って、回転による体重移動を(するように)」と助言を送った。

 江越は右の大砲候補として期待される存在だが、今季は出場72試合で打率2割9厘、7本塁打、20打点と1年目に続いて振るわなかっただけに「昨年、今年と同じような成績。来年こそはという強い気持ちでやりたい」と危機感を募らせている。指揮官の熱血指導は、まだ見込みがある証拠。今度こそ期待に応えられるか。