西武 ポーリーノら3外国人投手を契約解除

2016年11月01日 17時34分

 西武は1日、フェリペ・ポーリーノ(33)、エスメルリング・バスケス(32)、C・C・リー(30)の3投手について、ウエーバー公示手続きを申請したことを発表した。

 

 先発として今季途中に獲得したポーリーノが9試合に登板し0勝6敗、防御率4・70。昨年3勝を挙げ今季が2年目だったバスケスは中継ぎとして19試合に登板し0勝0敗、防御率5・51。同じ中継ぎのリーも18試合に登板し0勝0敗、防御率6・48と未勝利のまま契約解除の憂き目に遭った。