糸井獲りへ 阪神が警戒するオリックス・宮内オーナーの資金力

2016年11月01日 15時15分

阪神が水面下で獲得調査を行っている糸井

 FA有資格者が権利行使できる手続き期間が31日、スタートしたが、注目のオリックスの糸井嘉男外野手(35)に関しては行使表明前から舞台裏が騒々しい。糸井がFA宣言すれば獲得に動く方針の阪神は早くもオリの総帥の“パワー”を異常警戒している。

 

 水面下で糸井獲得調査を行ってきた阪神は「天然芝であること」「在阪希望」「優勝争いができるチーム」などが移籍条件であることをキャッチ。これらの話をうのみにすれば感触よし!となるところだが、楽観ムードはどこにもない。

 

 ある球団幹部は「金額とか条件はウチも負けないよう提示するが、怖いのは宮内オーナーの存在。いざという時はオリックスさんもドンと資金を奮発する。宮内オーナーが動いてマネーゲームとなれば向こうが上になるかもしれない…」と危惧。阪神はオリックス同様の4年総額16億円の条件を検討中だが、相手が総帥の“鶴の一声”でさらに莫大な条件を提示すれば、どう転ぶかは分からない、とみているのだ。

 

 阪神は同じ関西の球団・オリックスにこれまでも補強面で痛い目に遭わされた。2014年オフにはアスレチックスからFAの中島の争奪戦に敗れ、FA宣言したオリックス・金子の獲得に動くも残留され、失敗。それだけに、どうしても気になるようだ。

 

 31日、四藤球団社長は「まだ(糸井が)宣言してないんで何も言うことはない。宣言してからどう対応するか考える」とコメント。糸井獲りの推進者でFA宣言した場合、直接出馬が決定している金本監督も「編成面のことは全部フロントに任せてあるから」と多くは語らなかったが、今後どうなるか。“意中の恋人”に対する敵の総帥の動きにも虎は神経をとがらせている。