FA糸井争奪戦 阪神は背番号「3」を用意

2016年10月31日 11時30分

 FA有資格者が権利を行使するための手続き期間が31日、始まった。オリックス・糸井嘉男外野手(35)の動向が注目される。阪神は糸井がFA宣言した場合、背番号「3」を用意して獲得交渉に動くことが分かった。球団首脳が「あくまで本人(の希望)によるが、できる限りいい番号を、と思っている。3も空き番号になっているし」と話した。これまでも球団は西岡に「7」、福留に「8」と他球団から移籍した選手に重要な背番号を提示して誠意を見せてきた。糸井の気持ちをくすぐれるか。

 一方、オリックスの福良監督はオトボケを決め込む。「嘉男(糸井)はどうするんやろな」と報道陣に問いかけながら「俺は何も聞いとらん。連絡も取ってないよ。どこにおるんかも知らん」と涼しい顔。さらにFA補強についても「フロントへの要望? 何もしとらん。丸投げやわ。ハハハ」と高笑いだ。近日中に長村新球団本部長と瀬戸山前球団本部長が2人揃って糸井との残留交渉に臨む。争奪戦の行方は…。