オリックス長谷川SA「明るくしましょう!」提言に福良監督が苦笑い

2016年10月27日 16時03分

長谷川SA(右)と福良監督

 オリックスのシニアアドバイザー(SA)として20年ぶりに古巣復帰した長谷川滋利氏(48)が27日、神戸で行われた秋季練習に訪れた。

 

 福良監督ら現役時代のスタッフと再会し、終始上機嫌の長谷川氏は「アメリカ人ってメンタルが弱い。エンゼルス時代はチームと家族ぐるみの付き合いだった。獲得のアドバイスだけでなく、精神的な部分でケアを中心にやっていきたい。日本はメンタルトレーナーっていないですから。実績ある外国人だけでなく、日本で育てていければ。何でもやりますよ」と意気込みを語った。

 

 引退後は投資会社を経営する傍ら、古巣エンゼルスのアドバイザーを務めてきた。メジャーでのキャリアとネットワークで、助っ人難が続くチームを再生させたい考えだ。

 

 練習中に福良監督とツーショット写真に納まる際には「明るくしましょう! 地味なんで」とチクリ。さすがの福良監督も「相変わらずやな」と苦笑いするしかなかった。