マエケン「すごくいい1年」「温泉に入りたい」

2016年10月25日 11時20分

メジャー1年目を振り返った前田

【カリフォルニア州ロサンゼルス24日(日本時間25日)発】ドジャースの前田健太投手(28)が、ドジャー・スタジアムを訪れ、ロッカー整理を行った。報道陣に対応した前田はこう振り返った。「1年間通してローテーションを守れて、16勝できたってことは自分にとってすごく自信になりました。(地区)優勝も経験できて、ポストシーズンも経験できた。そういう意味では来年に向けていい要素はたくさんあるので、課題もたくさん見つかりましたけど、それも含めてすごくいい1年になったと思います」

 同時に「ちょっと、甘く見てた部分もたくさんあった。来てみてあらためてレベルの高さっていうのを実感することができた」と反省も忘れなかった。

 課題はポストシーズンでの投球だろう。3試合に先発して未勝利。投球回も4回が最高で、特にカブスとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦では4回二死、打者が投手の場面で降板した。

「来年はやっぱりもうちょっとイニング投げられるように頑張りたいなと思いますし、もっと信頼してもらえるような1年になればいいなと思う」

 帰国日は未定だが、「温泉に入りたいな。日本の時よく行っていたご飯屋さんに行きたい。マツタケとか食べたいですね」と楽しみにしている。来季、2年目の飛躍に期待だ。