【日本シリーズ】“よそ行き野球”のままでは…米スカウト一刀両断

2016年10月24日 16時30分

9回に代打で登場した大谷は空振り三振に倒れた

<広島5-1日本ハム(23日)>またしても日本ハム・栗山監督に采配を振る機会は訪れなかった。

 

 第1戦の大谷同様、この第2戦でも2回に先発・増井が先に失点し、主導権を広島に渡してしまうと、同点で迎えた6回無死二塁で菊池のバスターが成功。本塁を狙った二走・田中を左翼手・西川が好返球を見せ、一度は「アウト」と判定されるもリプレー検証の結果、「セーフ」に覆った。

 

 動揺した増井は直後、バント処理を誤り一塁に大悪送球。適時失策となり、流れは広島に傾いた。

 

 栗山監督はどこか達観した様子で「勝ち負けじゃなく今年1年やってきた野球ができているかの方が気になる。まだまだこれから」と札幌ドームでの巻き返しを約束した。

 

 そもそもの誤算は初戦を託した大谷翔平投手(22)の背信。重盗場面でのサイン見落としなど、6回3失点で負け投手となった。二刀流エースで落としたこの1敗が、登板翌日の先発出場に制約のある「打者・大谷」を打線から消し、結果的に2敗となった。

 

 ネット裏にいたメジャー球団スカウトは「第1戦の大谷は完全によそ行きの投球をしていた。体全体を使って投げるいつもの荒々しさはなく、低めへの過剰な意識のために腕だけでコントロールしようとして球を引っ掛けていた。(大舞台の)経験不足もあるが、必要以上に広島とそのファンをリスペクトし過ぎ。それはレアード以外の日本人選手にも言えること」と一刀両断している。

 

 第2戦の9回に代打で出場し、空振り三振に倒れた大谷は「広島はつないでくるので得点になっている。ウチの打線もキッカケさえつかめれば…。切り替えてしっかり頑張ります」とホームでの出直しを誓う。しかし、短期決戦では失った流れを挽回するのは簡単ではない。

 

 栗山監督は「ここまで緊張してやるところに成長のカギがある。追い込まれれば追い込まれるほど知恵が生まれる。なんかゾクゾクするものがある」。この状況を楽しんでいるようでもあるが、この2連敗も想定の範囲内だというのか。