【日本シリーズ】広島2連勝で札幌へ 田中の好走塁で勝ち越し点

2016年10月23日 21時54分

6回、菊池の左前打で本塁に突入した田中。審判の判定はアウトだったがビデオ判定の結果セーフに

 プロ野球の日本シリーズ第2戦は23日、マツダスタジアムで行われ、広島が日本ハムに5―1と快勝。2連勝で札幌に乗り込む。

 1―1の6回、先頭・田中が左翼線二塁打で出塁すると、菊池の左前適打で一気に本塁へ。一度は「アウト」と判定されたが、緒方監督のアピールを受けて、審判団はリプレー検証を行った。その結果、判定は覆り「セーフ」。田中の好走塁で勝ち越し点をもぎ取った。

 なおも無死二塁から丸がバント。打球を処理した日本ハムの先発・増井が一塁へ悪送球し、その間に菊池が生還。さらに鈴木の犠飛、エルドレッドの2試合連続となる2号ソロとこの回、一気に4点を挙げた。

 先発・野村は6回を投げて、失点は味方の失策による1点のみ。7回は今村、8回はジャクソン、9回は中崎とつないで逃げ切った。

 増井は2回に小窪に先制の適時二塁打を許したもの、5回までは安定した投球。しかし、6回に広島の勢いにのみ込まれた。打線もわずか4安打と精彩を欠き、4回二死一、二塁から菊池の失策で1点を奪うのがやっとだった。

 第3戦は25日、札幌ドームに場所を移して行われる。