金本監督が早くもドラ1大山に一軍キャンプ確約

2016年10月22日 16時30分

大山悠輔

 阪神・金本知憲監督(48)がドラフト会議から一夜明けた21日、単独1位の“サプライズ指名”となった大山悠輔内野手(21=白鴎大)の「来春キャンプ一軍メンバー入り」を早くも“確約”した。甲子園での秋季練習後、指揮官は「来年は一軍キャンプから? うんうん。トレーニングやってなくてあの体つきは天性の強さがある。(今年の)高山みたいに」とまだ仮契約もしていない段階で大山への一軍切符を公言。さらにポジションについても「外野もできるし、ファースト、セカンド、サード、どこでもできる。まずは難しいところからやらせたい。二遊間を試して、次にサード…」と具体的な育成法にまで言及。「スローイングはすごく自信を持っているみたい。ほとんど公式戦で暴投したことないらしい。レベルは高い」と絶賛の嵐だった。

 

 今から春の一軍キャンプ入りを確約するとはまさに異例の早さだが、鉄人なりの理由はある。今回のドラフトで大量8人を指名した金本監督だが、評論家諸氏から「1位で即戦力投手の佐々木(桜美林大=ロッテ指名)を獲ってからでも2位で大山を獲得できたはず。情報不足が響いた」と酷評され、球団OBも「能見、メッセンジャーの衰えも考えると是が非でも即戦力投手を獲らなければならなかった」と苦言。指揮官もそんな厳しい声は百も承知で、それだけに自分の手で大山を早く「4番打者」に育てようと必死でいるのだ。

 

 大山は「(一軍キャンプは)ビックリです。監督の期待の大きさを感じる。望むところ!という感じです」と腕をぶしているが、メンツを懸けている鉄人の期待に応えたいところだ。