【ドラフト】巨人1位・吉川 大学ナンバーワン遊撃手が“野獣”宣言

2016年10月21日 18時00分

自身のインタビューが掲載された本紙紙面を手にする吉川尚輝

【ドラフト1位の決意:巨人・吉川尚輝内野手(21=中京学院大)】「まさか1位で指名していただけるとは思っていなかったので、びっくりした。伝統のある強い巨人に入れることは幸せです」と話した大学ナンバーワン遊撃手は特に守備と走塁に絶対的な自信を持つ。今季セ・リーグ最多安打を放った広島・菊池を育てた近藤正監督は「野球センスは一緒。走塁は吉川が上。打撃はパンチ力は菊池が上だが、安打する技は吉川の方が持っている」と高評価する。

 しかし、その一方で「がむしゃらさは菊池が上。菊池が野性なら吉川はスマートすぎる。吉川には菊池のようなたくましさが欲しい」とも。これに吉川は「監督が言う通りです」と言い「プロでやっていく以上、もっと自分に厳しく、がむしゃらにやっていきたい」と“巨人の野獣”となることを宣言した。

「大学のOBとして菊池さんを目標にしてきたし、そこのレベルまで自分を達せられるような選手になりたい。菊池さんのは守備じゃなく、あれは本能の域のレベル。それに少しでも近づけるように、守備でスタンドを沸かせられるような選手になりたい」。巨人には球界を代表する遊撃手・坂本の高い壁がそびえているが、二塁は手薄な状況。「いつかは坂本さんを抜けるようやっていきたいし、二塁となればそこで勝負したいという両方の気持ちがある」と言い切った。

関連タグ: