【ドラフト】阪神1位・大山 目指すは鉄人ボディー 

2016年10月21日 14時00分

金本監督(右)からサイン入りのドラフト会場の入館証を受け取り、笑顔の大山悠輔

【ドラフト1位の素顔:阪神・大山悠輔内野手(21=白鴎大)】今春のリーグ戦で8本塁打を放ち、7月の日米大学野球選手権では日本の4番を務めた強打者は「びっくりしている」と驚きを隠せなかった。1位での指名を予想していなかったため、テレビ画面を見ておらず流れてくる音声で初めて気付いたという。阪神の印象については「若手の選手が競争しているイメージがあります。あとはファンが熱いことですかね」と戸惑いつつもはにかんだ。

 そんな大山は「本格的なウエート(トレ)はやったことないです。でも今まで大きなケガはしたことがない。丈夫に産んでくれたお母さんに感謝ですね」と言う。大学2年の夏にスライディングで軽い脱臼。それでも「打撃はできましたし、試合にも普通に出ていました」と強靱な肉体が自慢。指名あいさつに訪れた鉄人・金本監督は「(ウエートを)したことなくてこの感じなら能力が高い。ウエートをすればスピードやパワーがもっとついてくる。もっと楽しみになりました。タイガースの歴史に名を残す4番打者を目指してほしい」とにっこりだ。

 大山も金本監督を見て「すごく体が大きい。ああいう体になって活躍したい」。そのためにもプロでは鉄人ばりにウエートトレに励むつもりでいる。

関連タグ: