【ドラフト】日本ハム1位・堀 トーク力アップへ目標は先輩田口

2016年10月21日 14時00分

1番のポーズを決める堀瑞輝

【ドラフト1位の素顔:日本ハム・堀端輝投手(18=広島新庄)】最速150キロ左腕“瀬戸内のドクターK”はプロで成功するため、恩師から意外な注文をつけられた。

 堀の会見での受け答えは18歳の若者そのものだった。日本ハムの印象を聞かれ「波に乗っている…、強い…」と一瞬“かんで”しまうなど、多くのフラッシュを前に緊張を隠しきれなかった。

 目標は同校出身の先輩、巨人・田口麗斗(21)だ。「(今夏に)甲子園出場が決まったとき少し電話で話をさせてもらった。『おめでとう。甲子園でも自分の投球をしっかりしてこい』と言ってもらった。プロでは追いつけるように頑張りたい」と決意を語る。

 しかし、2人の左腕を指導した同校の田津直樹野球部部長は「田口と堀は全然タイプが違う」と分析する。「田口は余計なことまでしゃべりそうなぐらいおしゃべりというか、コミュニケーション能力が高い。堀は見ての通りおしゃべりは苦手。もちろん試合中は声も出しますが、どちらかといえば寡黙なタイプです。これからプロになるのだから、しっかりテレビに堪えうるぐらい受け答えができるようになってほしい」とトーク力の向上を厳命された。

 大谷翔平や中田翔など全国区の人気者が揃う日本ハム。プレー以外でも“魅せる”存在となりたいところだ。

関連タグ: