【ドラフト】西武1位・今井 一軍デビューは長渕ソング!

2016年10月21日 14時00分

今井達也(中)は作新学院OBの江川卓氏の写真を手に投球ポーズ

【ドラフト1位の素顔:西武・今井達也投手(18=作新学院)】今夏の甲子園優勝投手は「指名されるか不安な気持ちもあったので指名された瞬間はホッとした。今は新たなスタートラインに立ったという思い」と安堵の表情を浮かべた。ライオンズの印象については「若い選手が活躍しているイメージ」と語り、目標を書いた色紙には「開幕ローテ」と力強く記した。

 高校2年までは無名の存在だったが、全国屈指の練習量を誇る作新学院でプロへの扉をこじ開け、次のステージでも“作新魂”で頂点を目指すつもり。その決意を示すように今井は「一軍デビュー戦の出囃子(でばやし)は長渕剛さんの『情熱』でいきたいと思います。作新といえば『あの曲』ですから」

 甲子園大会、決勝までの全試合、球場入りするチームバスの中で流れていたのは小針監督お気に入りの長渕ソング。他のナインと同様、今井にとっても大切な曲だ。華やかな舞台はいばらの道とも隣り合わせ。「壁にぶつかった時は作新時代を思い出せ」という仲間たちのリクエストもあってプロ入り後の“勝負曲”にすると決めた。

「野球に取り組む姿勢とか、ここで学んだことを大事にプロでもやりたい。ゆくゆくは沢村賞を獲得できる投手になりたい」。ガチガチに緊張するであろうプロデビュー戦。「情熱」が今井を鼓舞するはずだ。

関連タグ: